春になると食後の眠気はなぜおきる?春困症(チュンゴンズン)とは?

健康

食後の眠気はなぜ?春になるともっとひどくなる?

食後に眠くなるのは季節に関係ないと思っていましたが、

なぜか?日本の5月病のように韓国では春になると

強烈な眠気を感じる方が多いです。

5月病は聞いたことあるけど春困症(チュンゴンズン)って何なのか今から説明させていただきます。

春困症( チュンゴンズン)とは?

韓国では、춘곤증「春困症(チュンゴンズン)」と呼ばれるほど

春になると食後の眠気で苦しんでいる方が多いです。

韓国のソウル大学病院医学情報の文献によると、

春困症(チュンゴンズン)は、冬の間に活動を減らした人体の

新陳代謝機能が春を迎えて活発になって起こる一種の疲労症状であり、

病気ではなく生理現象です。

1〜3週間ほどすれば、このような症状は自然に消えますが、

もし消えなければ病院診療を受けてみるのが良いです。

特に運動不足、過労、高齢者の場合には、春困症をよりひどく感じることがあります。

病気ではない生理現像が中々消えなくて悩んでいる方のために

春困症に関してもっと詳しく説明させていただきます。

春困症って聞いたことありますか?

春困症(チュンゴンズン)は、一言で言うと食後の眠気と体が怠くなる症状を言います。

日本の花粉症のように韓国では春になると学生さんや会社員などが

春困症(チュンゴンズン)対策を立てるほど悩まれています。

私も学生の頃は5時間目の授業は体育や音楽の時間が多かった記憶があります。

日本で5月病と言う言葉と同じように春困症(チュンゴンズン)も

医学用語ではなく同じ事で悩まれている人たちの中で生まれた言葉ですが、

食後の眠気ではなく春と言う季節の言葉が付いたのは何だかの理由があると思い調べてみました。

春困症(チュンゴンズン)と名付けられた理由

寒い冬が過ぎて暖かい春が来る時、体が季節の変化に適応できずに生じる一時的な症状で

特に春に生じやすい症状で春困症(チュンゴンズン)と名付けられました。

春困症(チュンゴンズン)の症状

春困症(チュンゴンズン)の体表的な症状はすぐ疲れを感じる事です。

それ以外の症状では眠気、集中力低下、倦怠感、食欲不振、消化不良、目まいなどがあります。

人によっては手足がしびれたり、頭痛や目の疲れ、不眠症の症状も現れます。

充分な睡眠を取ったにも関わらず午後になると眠気がひどくなったり倦怠感で

業務や勉強の効率が上がらない事が多いです。

春困症(チュンゴンズン)原因

まだ科学的に明確に明らかになってないですが、様々な原因があると思われます。

身体の生理的な不均衡

寒い冬の間に下がっていた新陳代謝機能が暖かい春に適応するまで2~3週間の時間が必要ですが、

この期間に身体の生理的な不均衡ですぐ疲れを感じます。

活動量の変化

春になると夜が短くなり、冬の比べて睡眠時間が少なくて夜遅くまで活動をすることにより

すぐ疲れを感じることになります。

活動量が増えると筋肉が弛緩するにつれて、体の怠さを感じることもあります。

春困症(チュンゴンズン)は冬の間運動不足の人や疲れがたまった人に ひどく現れます。

栄養素の必要量が増加

春が来ると新陳代謝が活発になりビタミンB1,ビタミンC、ミネラルなどの栄養素の必要量が増加します。

この時、ビタミンが欠乏すると疲れを感じる結果になります。

この症状も春困症(チュンゴンズン)の原因の一つです。

ストレス

春になると卒業や入学、就職などで新しい環境に慣れるためにストレスが溜まっている方が増えます。

その時期のストレスは春困症(チュンゴンズン)の原因の一つです。

その他の原因

充分な休みを取って新しい環境に慣れたにも関わらずこのような症状が改善できない時は他の原因があるかも知りません。

4週間以上疲れが取れないと感じたらそれは春困症(チュンゴンズン)ではないかも知りません‼

貧血、肝炎、甲状腺疾患、うつ病などの別の病による疲れの可能性もあります。

1か月以上経っても疲れが取れなかったりする場合は病院で診察を受けることをお勧めします。

春困症(チュンゴンズン)防ぐためにはどのような方法がありますか?

春困症の代表的な症状として食後の眠気、疲労感以外に

食欲不振、消化不良、めまいなどが挙げられます。

このような症状を防ぐための対策として簡単にできる方法を紹介します。

規則ある生活習慣です。

規則ある生活習慣を身に着けると春困症を防ぐことができます。

毎日少しずつ自分に合う運動をすることが一番理想的でな方法です。

毎日、運動する時間を決めて毎日守る事が一番効果的です。

急に長時間の運動は体に負担をかける結果になりやすいので、最初から無理した計画より

自分に合う運動方法を探してください。

ストレッチ

軽いストレッチや散歩で、普段は緊張した筋肉をほぐすのも良い方法です。

いつも軽い運動とストレッチをすると安眠にも役立ち、

朝起きて軽くストレッチや運動をすると、元気な一日を始めることができます。

不足した栄養分を補う

春になると新陳代謝が活発になりいつもよりビタミン消耗量が3~5倍に増えます。

慢性疲労になると食欲が落ちて炭水化物代謝を活発にさせるビタミンBと免疫機能を高める

ビタミンCが多く含まれてある野菜と果物をたくさん食べる事をお勧めします。

ビタミンB1は麦、豆、雑穀類などに多く含まれて、

ビタミンCはすべての野菜や果物に多く含まれています。

午前中はお水をたくさん飲んで牛乳、卵、魚などのたんぱく質が多い食べ物を食べることと良いです。

1日に必要は栄養素を3食に分けて摂取するようにすることはガ一番大事な事です。

現代人は朝ご飯を食べない方が多いですが、これは逆にランチをたくさん接種するようになり

春困症(チュンゴンズン)になりやすくしますので、必ず朝ご飯を食べる習慣を付けましょう。

眠くなるからコーヒーを頻繁に飲んだり、 ストレスを解くために飲酒や喫煙をすると、

体の疲れは ひどくなりつつもっと眠くなり、疲れが蓄積することになります。

朝食

朝食を食べるのも良い方法の一つです。

現代人は朝ご飯を食べない方が多いですが、これは逆にランチをたくさん食べるようになり

春困症(チュンゴンズン)になりやすいので、必ず朝ご飯を食べる習慣を身に付けましょう。

午前中に脳が必要とする栄養素を供給してランチで過食を避ける効果になります。

充分な睡眠時間を取りましょう。

春困症を防ぐ方法として一番簡単な方法ともいわれることですが、

毎日充分は睡眠を取るのも効果的です。

睡眠時間は1日に7~8時間ほどが理想的です。

夜、あんまり眠れなかった場合はランチの後15分~30分ほどの軽い昼寝をすることで

睡眠不足で起きる春困症を防ぐことが出来ます。

昼寝を取るタイミングは最も大事ですが、午後の2時目に昼寝をするようにしてください。

午後2時以後に昼寝をするとよる眠れなくなる可能性が高くなります。

出来るだけ昼寝は午後2時を超えないようにするのがポイントです。

良く間違った方法で疲れを取ろうとして週末に長時間の睡眠を得方がいますが、

この方法は逆に体のバランスが崩れて疲れが溜まりやすくなります。

春困症(チュンゴンズン) まとめ

1〜3週間後自然に症状が消える春困症(チュンゴンズン)は、病気ではなく一時的な現象であるだけで心配することは無いと思います。

今日も春困症(チュンゴンズン)に負けないで頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました