紅参とは

高麗人参 紅参はなぜ6年根なのか?

2014/10/24

高麗人蔘は2000年以上も前から東洋の人々は病魔や老衰から人々を守る神秘の薬物として、さまざまな神話で語り継がれるくらいの名薬として日本でも古くからよく知られております。
その高麗人蔘のほとんどは3~4年で栽培され商品化しますが「正官庄」紅参は、6年根だけを使用します。
なぜ6年根だけ使うのかその理由を説明させていただきます。

高麗人参の生育の過程

273CD64B5292AE8518B0CB
高麗人参は、芽生えて育ち始まると1年に一枚ずつ掌葉(しょうよう)が育つようになります。

高麗人参の年根別外部形態をみると、6年までの葉と根で顕著な成長を見せます。

葉の掌葉(しょうよう)数が1年生の時1枚から6年生になると6つの年数と一致するように増加したが、7年生以降からは年数がいくら増えても葉が6枚以は増えません。
高麗人参は長くなるとより良いではないのかな?と思うかも知りれませんが、
7年目からは、もはや掌葉(しょうよう)根は太くなるが、根が割れやすく病虫害に対する抵抗力も弱くなり栄養価値も著しく低下してしまいます。

ですので高麗人参は6年根のとき収穫をします。
高麗人参は6年目が最高の黄金期だと言います。
それでは年数によってどのように成長するのか説明させていただきます。

1年根

一個の葉柄と三つの小さな葉が生じて胴體が形成されます。
根が肥大しており、30~40個の細根が出てきます。

(人の歳に比べると3歳ほどです。)

165FE13A4D893B2A162EDA

2年根

二つの葉柄が出てきて、それぞれ5つの小さな葉が形成されます。
細根がすべて切断され、主根のみが残ります。

(人の歳に比べると8歳ほどです。)

115F443A4D893B2A15C787

3年根

3つの葉柄と5つの小さな葉が形成され、胴體が大きくなります。
支根の生長が促進され支根が分離されます。

(人の歳に比べると13歳ほどです。)

195EEA3A4D893B28132B70

4年根

4つの葉柄と5つの小さな葉が形成され、根が肥大する形になります。
主根が肥大され支根と細根の生長が促進されます。
この時期に高麗人参特有の体型が形成されます。

(人の歳に比べると16歳ほどです。)

1262DE3A4D893B2811F26D

5年根

4つの葉柄と5つの小さな葉が形成され、人の形に似るようになります。

(人の歳に比べると19歳ほどです。)

1461183A4D893B2915B037

6年根

6つの葉柄と5つの小さな葉が形成して高麗人参の形が完全に完成された時期です。
脳頭が大きくなり胴體の長さが7~10cm、直径2~3cmのいくつかの支根が生成されます。
根全体の長さは34cm、重さは40~120g
高麗人参が完成した時期だから、人体に有効な成分が最高潮に達する時です。

(人の歳に比べると23歳ほどです。)

1260153A4D893B2917B01B

7年根~

高麗人参は、7年以上の成熟すると体型のバランスが悪くなり表皮は木質化します。
また、加工時には、穴、芯が多く発生して中身が白くなるため品質が低下します。

つまり、高麗人参は6年根の時に人間でいう絶頂期で完璧な人参の形になります。

それ以降は老化現象が始まってくるのです。

高麗人参の有効成分の含有量比較

このように育てられた高麗人参は、多様な成分を持っています。
最も代表的な成分である「サポニン(※注1)」から非サポニン系の成分である「酸酸多糖体」「アミノ糖」など使えない所が無いほど多くの成分を持つようになります。
韓国では4年根と6年根の高麗人参が主に流通していますが、
高麗人参の生育の過程での説明のように、6年根の成長が最高頂に達するため、有効成分の含有量が4年根に比べて優れていることが知られています。
実際に6年根が4年根に比べて優れているという論文が国内外で発表されています。

年数による人参サポニン(ジンセノサイド=Ginsenoside)成分の違い

高麗人参学会で発表した「最新の高麗人参、成分と効能編」によると、一般的に、年生別 人参サポニン(ジンセノサイド)(※注2)含量をみると低年根の2~4年生は、主に糖(sugar)の含有量が多くて人参サポニン(ジンセノサイド)の含有量が少ないです。
それに比べて5~6年生高麗人参が人参サポニン(ジンセノサイド)の含有量が高いと報告されています。

 

サポニンとジンセノサイドはサポニン(saponin)とは?ジンセノサイド(人参サポニン)とは?でも説明してあります。

 

これは、5年生で年間成長の増加率が最も大きく、6年生以降は、根の肥大成長は鈍化して組織が緻密になる成分の変化が進行して
人参サポニン(ジンセノサイド)の含有量が最大限に含有されているのが6年根だと報告されています。


高麗人参の薬用成分の一つがサポニンで、その中の高麗人参のみの薬用成分を人参サポニン(ジンセノサイド)と呼ばれます。
すなわちサポニンが多く含まれてるのが良いのではなく人参サポニン(ジンセノサイド)の含有量が高いのが良い高麗人参だといわれています。

しかし、最近の研究結果では4年根の高麗人参に人参サポニン(ジンセノサイド)が多いという話もありますが、それは高麗人参に含まれてる32種の人参サポニン(ジンセノサイド)の事ではなく、人参サポニン(ジンセノサイド)の中でジンセノサイドRb、Rg、Roの成分の3種類の濃度が高いと言う話です。

年根生別のサジンセノサイド(Rb、Rg、Roの成分)の3種類の含有量

  • 4年根 29.66mg
  • 5年根 28.76mg
  • 6年根 26.34mg

4年根の方が多くのサポニンが含まれていますが、これは一部の人参サポニン(ジンセノサイド)の成分になります。
これは3種類のジンセノサイドRb、Rg、Roの成分の濃度だけの結果です。

 

高麗人参1根(1支)に含まれた32種類のジンセノサイド(人参サポニン)含有量は6年根>5年根>4年根の順になります。

32種類のジンセノサイド(人参サポニン)の含有量

  平均重量 総ジンセノサイドの含有量
4年根 60.30g 431.97mg
5年根 80.54g 606.56mg
6年根 92.25g 657.80mg

また、根の太さに応じたジンセノサイドの含有量をみると、根の直径が大きいほど含有量が高いという研究結果もあります。
したがって、人参サポニン(ジンセノサイド)の含有量だけで見れば、6年根を使用することが、より多くのジンセノサイドを得ることができます。

つまり、高麗人参4年根を1本(1支)と半分を食べたら高麗人参6年根の1本(1支)と同じジンセノサイドの量になります。

高麗人参のタンパク質

高麗人参に含まれる水溶性タンパク質の含有量が多いほど熱安定性が高い薬理成分が含有されることが知られていますが、
X-線のような放射線防御効果のような熱安定性タンパク質が持つ薬理成分は、主に胴體部分にあります。

これは、免疫システムなどに作用して紫外線などでDNAが損傷される部分を大幅に防御する役割、肝機能の改善、リンパ球の分裂促進、血糖降下、インスリン類似作用、神経毒作用、酵素系の代謝調節作用などの多様な薬理作用などを持っていて、これは、高麗人参を紅参に加工した時に多くの量が増加することを研究発表した論文が多いのですが、薬理作用を医学的に証明するために今も研究を続けています。

高麗人参の絶頂期 6年根だけを紅参に加工する

高麗人参の有効成分にはサポニン成分以外に、多糖体、ポリアセチレン系、フェノール系、アルカロイド、精油、アミノ酸、ビタミンなどの成分が広範囲に含まれています。
これらの有効成分が一番多く含まれてるのが6年根の高麗人参です。
6年根のままでもいいのですが、紅参に加工するとさらに有効成分が増すのです。

 

6年根の高麗人参をそのまま摂取しても問題はありませんが、
高麗人参が紅参に加工された時はもっと多くの有効成分が生じます。
紅参の有効成分と言うのは、最も代表的な成分である「ジンセノサイド」、
すなわちサポニン成分を含んでいて酸性多糖体、ポリアセチレン、フェノール化合物、熱安全性タンパク質、インスリン類似物質、ミネラルなど、さまざまな非サポニン成分が含まれています。紅参に加工される時生じる体に良い成分をいいます。

高麗人参6年根を紅参にする理由

高麗人参6年根の良質の高麗人参だけを選別してじっくり蒸した後、乾燥される過程を経て、水分含量を15%以下に加工することが基本的な紅参の製造過程ですが、水分含有量を減らすと、微生物増殖を抑制されます。

さらに重要なことは、これらの紅参製造過程の中で、高麗人参の中のサポニンが化学構造の変換が起こり、

加工前の高麗人参にはないサポニンが生成されるという事実です。
ジンセノサイドRg3、Rg2などのジンセノサイドは高麗人参にはなく、紅参に多く存在します。

紅参は、32種のサポニンと一緒に無数の非サポニン系の成分が含有されています。
実際の紅参から明らかになったサポニンの割合は約3%くらいようです。
非サポニン系の有効成分を含めて、まだ明らかにされていない有効成分が無限に広がっているわけです。

最近では、これらの紅参の非サポニン成分についての研究も盛んに行われています。
紅参の免疫力、疲労回復の改善など5大効果を得るためには、サポニンと非サポニンの
バランスの取れた摂取が最も重要なことは、学界および研究の結果として明らかになっています。

6年根は高麗人参の効果が一番でる

以上のように高麗人参 正官庄 紅参はすべて6年根ものを使用しています。

理由をまとめると、

  • 6年根が良い理由: 高麗人参は6年根が成熟期 人間でいう絶頂期を迎えます。
  • 紅参に加工する理由1: 高麗人参6年根を紅参に加工すると新たなサポニンが増えて合計32種類のサポニンになります。
  • 紅参に加工する理由2: 高麗人参6年根を紅参に加工すると水分含量が下がるので品質を長く保つことができるようになります。

以上の理由から高麗人参の健康機能を最大限に引き出すのは高麗人参6年根を使って加工した紅参になります。

 

正官庄は紅参と一緒に115年の長い間、ジンセノサイドを含む酸性多糖体などの非サポニン系の良い成分が最大化することができる製造方法を常に研究、開発しています。
紅参の多様な成分をバランスよく分散させることができるように、
最も科学的な方法で製造して皆さんに伝えささげることが正官庄のみの誇りです。

 

 

 

注1 サポニンとは

サポニンは、化学的に(配糖體:glycoside)と呼ばれる化合物の一種です。
サポニン(saponin)はせっけんを意味するギリシャ語のsaponaに由来します。
水溶液で石鹸のように微細な泡を出すところから名づけられました。
人参サポニンは人参(Ginseng)グリコシド(配糖體:Glycoside)という意味で「ジンセノサイド(Ginsenoside)」と呼ばれております。

高麗人参 紅参とは?

2014/10/20

高麗人参 正官庄の紅参 商品は高麗人参の特定の加工方法で製造した紅参です。

高麗人参 紅参はいったいどんな食品か具体的に説明させていただきます。

 

高麗人参 紅参とは?

g5

高麗人参は、ウコギ科人参属植物の根をいいます。
栽培産地に応じて高麗人参(韓国産)、米国人参(米国およびカナダ産)、田七人参(中国産)、竹節人参(日本産)などの名称で呼ばれております。
韓国産の高麗人参を原型のまま加工の方法に応じて、水参、紅参、白参、乾参等に区分されます。

健康機能食品である「紅参」は高麗人参(Panax ginseng CA Meyer)を原材料として、
乾燥させてない6年根高麗人参を蒸気またはその他の方法で蒸して煮て干しているものいいます。この過程で高麗人参の色が紅色に近い塀黄褐色や褐色に変わります。
それで紅参と名付けられました。

必ず6年根を紅参にする理由は?

高麗人参は、通常4年根までは同じように育ちますが、
4年以降になると土、環境、生産者の技術に基づいて質が大きく変わります。
環境と栽培技術が合わない場合は、ほとんど4年以降は高麗人参が腐り始めます。

高麗人参は6年根になるとやっと人の形に似ている頭(脳頭)、胴(主根)、脚(支根)がバランスよく成長します。
それでは、6年を超えるともっと良い高麗人参になるのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、
高麗人参が通常7年以上になってしまうと、表皮が荒れて内部組織木質化(木のように硬くなること)が進行します。
また7年根になると太りすぎて美観や組織的面でも品質が低下します。
高麗人参7年根で、紅参を製造すると内攻(穴)、内白(芯)や白皮亀裂などが多くなり、品質が大幅に低下します。
なので最上の品質の状態の6年根高麗人参だけを加工して紅参を製品化します。

6年根について詳しくは、高麗人参 紅参はなぜ6年根なのか?を御覧ください。

紅参の由来と歴史

韓国で紅参を製造し始めたのは1000年以上前と伝えられております。
西暦1123年、中国宋の使臣[徐兢]が高麗に来て、宋に戻った後書いた一種の見聞録である
高麗図経に「人蔘之幹亦有生熟二等…=高麗人参を生で食べたり、煮て食べる」と書かれてる所があります。
この文献が今の紅参製造の始まりです。

紅参技術発展

高麗人参を煮て加工する技術は、朝鮮時代に入ってさらに発展しました。
沸騰したお湯で蒸して煮る加工方法である熟蔘方法で蒸気に蒸して煮る方法として発展している紅参が登場しました。
この時までは煮るだけの方法だったのですが、蒸して煮る方法に発展させました。
その技術が現在も「紅参」を作る方法で使われております。

紅参の発展と専売制

朝鮮時代末期の純祖代の紅参製造工場である蒸包所を漢江(ハンガン)沿いに設置するようになり、
大量生産の時代に突入しました。
宮中では、蒸包所で加工された紅参のみを流通させる措置をとることにより、
一種の専売権を取ることになり、以降1908年に紅参転売法が制定·公布されました。
近1世紀の間に韓国の専売品として定着しましたが現在はすべてが廃止されています。

紅参の加工技術の発展

(1897年~1950年)

img_bstory7

甑(こしき)内部に萩木の板を置き、その上に高麗人参をのせて、
甑(こしき)を覆って薪で湯を沸かして発生された蒸気で高麗人参を蒸している。(1907年)

img_bstory8
蒸参を終えた人参は太陽に干してから穴倉に再び入れて
穴倉の中を温めて乾燥している。(1907年)

img_bstory9
機械を設置し、ここで発生した蒸気で高麗人参を蒸して、
蒸した程度を知ることができる計器を利用して蒸参しています。(1925年)

(1951年~1955年)

img_bstory10
韓国戦争勃発で開城人蔘転売支局の紅参製造施設は、忠淸南道扶餘郡に移転しました。
高麗人参を萩木のざるに入れて簡移植蒸し器に蒸参するなどで製造設備は、
戦争中なので非常に劣悪でした。(1953年)

img_bstory11
男女従業員が自由な服装で座って紅参整形作業をしています。(1953年)

img_bstory12
木箱に紅参を入れて押えに圧着しています。(1955年)

(1956年~1977年)

img_bstory13
1956年忠淸南道扶餘郡に工場新築に紅参の大量製造が可能になりました。
工場で従業員が高麗人参を手で洗浄している。(1963年)

img_bstory14
紅参の大量製造が可能な蒸参装置で、萩木の版に並べた高麗人参を蒸参機に入れている。(1961年)

img_bstory15
工場の屋上で紅参を天日乾燥している。(1977年)

(1978年~現在)

img_bstory16
1978年移転·新築された現在の工場は、世界最高の歴史と最大の規模の最新式の製造設備を備えた人参加工工場である。
高麗人参を自動化された機械を使用して洗参している。

img_bstory17
温度、時間などを自動制御する大型蒸参装置で高麗人参を蒸している。

img_bstory18

屋外乾燥場で自然乾燥している

紅参の成分・効用性・機能性

紅参にはどんな成分がある?

紅参の重要な成分では
人参サポニン(ginsenosode)
グリコシド(glycosides)
人参の香り成分(panacen)
ポリアセチレン系化合物
窒素成分
フラボノイド
ビタミン(B群)
微量元素
酵素
抗酸化物質
有機酸とアミノ酸などが含まれている。

サポニンとジンセノサイドはサポニン(saponin)とは?ジンセノサイド(人参サポニン)とは?でも説明してあります。

紅参製造過程で人参の主な薬理作用をするジンセノサイド(人参サポニン=ginsenosode)の化学構造が
変化します。

この時、抗がん成分、抗糖尿成分、抗炎症成分、抗酸化成分、肝機能化成分、重金属解毒成分など高麗人参には存在しないか含有量がきわめて少なかった成分10種類が新たに生まれたり、含有量が数倍増加します。

 紅参の機能性

紅参の機能性に対して科学的に証明するための研究が続いています。
その中でも最も注目を集めている機能性に対して調べてみました。

紅参は、中枢神経に対して鎮静作用と興奮作用があり、循環器系に作用して高血圧や動脈硬化の予防が可能な時もあります。
造血作用と血糖値を低下させ、肝臓を保護する役割をする時もあります。
内分泌系に作用して性行動や生殖効果に間接的に有効な役割をする時もあります。
抗炎および抗腫瘍作用に役に立つ場合もあります。
放射線に対する防御効果や肌を保護する役割をする時もあります。
色々な機能性がありますが、機能性や成分に対する研究は今も続いているので、
これからはもっと成分や機能性などは変化すると思います。

紅参の機能性

西洋やヨーロッパーでは、高麗人参の機能性についてergogenicという言葉で表現することもあります。
Ergogenicはギリシャ語で(仕事-Ergo)と(生産-Gen)の意味の言葉の合成語で、通常、働ける、動くことができる可能性を向上させるという意味です。

Bahrkeと言う学者は、高麗人参の研究文献の分析研究で高麗人参のergogenic effectを運動能力、ストレス反応の効果、認知能力、心理安定などの領域まで設定しました。

人参の機能性資料を検討した結果、現在までに行われた人体に適用試験を中心に高麗人参 紅参は肉体的疲労の回復効果のみが機能性を認めることができ、
ストレスや心理の安定に関する機能はまだ十分研究されていていないと判断されました。

紅参には色々な成分や機能があります。

一言で紅参のどんな成分がどんな機能をすると定義することは難しいのですが、
私の考えでは紅参の機能の中で注目することはアダプタトゲン(adaptogen:適應素)またはimmunostimulatorとして分類されていることです。
「adaptogen」とは、私たちの体が理化学的または生物学的刺激に対して抵抗性を持つようにする物質を意味します。
「immunostimulant」は、身体の感染物質のような異物に対抗する非特異的な防御作用を活性化させる物質の意味です。

この二つの言葉の意味をまとめてみると、
周囲の環境からの各種有害作用による病や各種ストレスなどについて防御力を増加させ、いままでより容易に適応できるようにする能力があることです。
つまり、免疫調節機能ができる成分が紅参に含まれてる事になりますが、
多くの学者たちはこの機能を医学的に科学的に化学的に証明するための研究を続けております。

紅参摂取時の注意事項

紅参の愛好家は「紅参を食べて免疫力が強くなって病気にならなくなるし、各種の成人病や癌を予防する効果がある」と絶賛しますが、一方、「紅参は高いだけで何の効果もないし、副作用が生じる」と言う人もいます。

人によって異なる理由は、漢方では体質の問題とみます。
紅参は化学的に作った薬ではなく健康機能食品です。
ある方の体質には合うけどある方の体質には合わない事があります。
食品のアレルギーのように自分の体質に合わない方は必ずいると思います。

又、以前は無かった反応が急に表れる場合もあるのが食品の特徴です。
しかし紅参の成分を研究している学者たちによると毒を持ってない食品であり、どなたが摂取しても副作用は無いと研究結果を発表しております。
ただし、摂取しないほうが良い時はあります。

 

紅参を摂取するときは、カフェイン、血圧の薬、女性ホルモン剤(エストロゲン)精神病治療薬などと一緒にに服用しないことをお勧めします。
紅参が血圧と神経に亢進の効果があるためこれらの薬剤と一緒にに食べると薬効があまりにも強くなって副作用をもたらすこともあります。
重病の経験がある方、大きな手術を受けた方は、一日最大投与量を20g以下にしてその他の場合には、一日10gを超えないことをお勧めします。
紅参切片、紅参エキスなど紅参製品は、紅参の含有量を確認して過剰摂取をしないように注意してください。

最後に

健康機能食品がここまで進化できるのは皆さんの関心のおかげだと思います。
まだまだ、紅参に対する研究やテストが続いておりますが、
世界のみなさんが紅参の優秀性を分かるその日まで応援します~~

 

高麗人参とは? 種類 水参・白参・紅参 加工方法による違い

2014/7/1

高麗人参は神秘の名薬と呼ばれるくらい効果や効能が優秀なものです。

多くの方は高麗人参と紅参を別の健康食品といいますが、

高麗人参は加工方法によって成分や形などが変わった事によって名前が変わります。

つまり、紅参は高麗人参の加工方法によって分けた種類の一つです。

このように高麗人参は色々な加工方法などで種類分けされています。

自分に合った高麗人参の服用によってその効果や効能はより高まります。
高麗人参にはどのような種類があるのかご説明します。

 qm0o3g3s

水参 すいじん(韓国語)・すいさん(日本語)

収穫して加工してないそのままの状態の人参の事です。

IMG_5203

韓国で一般的に知られている高麗人参は加工してない生ものを高麗人参といいます。

漢方の薬剤ではこのままでは使いません。

日本で知られている高麗人参は健康食品として加工してあるものなので生の高麗人参はあまり見かけないと思います。

75%程度の水分を含有しているため長期保存が難しいです。(通常の人参・玉ねぎなどの野菜と同じですね。)

春の終わり頃から初秋まで温度が高い時期には流通過程で腐敗しやすいので料理などによくつかわれます。

日本で一般的に流通している普通のオレンジ色のニンジンと同じ状態ですね。

高麗人参(水参)を使った韓国料理

高麗人参を使った韓国料理はたくさんありますが、伝統的な料理を紹介します。

삼계탕(サムゲタン=参鶏湯)

夏に食べる料理で夏バテ、疲労回復として食べます。

ScreenClip

 

 수삼튀김(スサンティギン=天ぷら)

 1tjbo794

 

白参(乾参)はくじん(韓国語)・はくさん(日本語)

高麗人参4~6年根が多い。

4年根以上の高麗人参(水参)の表皮(皮)をむき、1~2日間太陽の下で自然乾燥するか、

60度以下で熱風乾燥させて製造したものです。(熱湯処理はしません。)

水分含量が14%以下になるようにして腐らずに長期間保存できるように乾燥した人参です。

製造過程の中で褐色化反応はほとんど起きないので表皮の色は乳白色です。

백삼

真空包装時3年間ほど保存が可能になります。

漢方の薬剤でよくつかわれますが、サムゲタン(参鶏湯)などの料理にも使います。

紅参 こうじん(韓国語)・こうさん(日本語)

高麗人参6年根

 こちらの紅参が日本では一般的な高麗人参の製品に使われます。

洗い⇒蒸し⇒乾燥させた人参

高麗人参を水できれいに洗って、一定の容器に入れて加熱された水蒸気を利用して大きさに応じて一定時間蒸す。

蒸参させて1次熱風乾燥後から太陽を利用したり、その他の方法で水分が12.5-13.5%程度になるまで乾燥した人参です。

このように紅参は熱処理の工程が重要です。

 IMG_5327

当初は長期保存を目的として皮をむいていない状態で
蒸気で蒸して乾燥させた塀黄褐色か塀赤褐色の人参でしたが。

蒸気で蒸して乾燥させる間、有効成分が変換を起こして、私たちの体に有益ないくつかの生理活性成分が生成されることが分かり
最近私たちに最も馴染みの高麗人参の紅参になりました。

 紅参ではない高麗人参を使って製品にしている商品もありますが紅参でないと効果が薄いといわれています。

紅参かそのほかの高麗人参かチェックしてから商品を購入しましょう。

紅参の等級

紅参は、加工後の状態に応じて以下のように等級別になります。

天参(てんさん) 紅参の品質が最も良好な特上品で組織が緻密で見た目が最も良いもの

地参(ちさん)  天参の次に良好品であり内容の組織が緻密で見た目が最も良い

良参(りょうさん) 地参の次に良好品であり内容の組織と見た目が地参に比べて若干弱いこと

切参(せっさん) 良参の次の等級で胴体を二等分して包装したもの

尾参(びさん) 紅参胴体以外の部分で、大尾、中尾、細尾などに区分選別した良質のもの

※等級はあくまでも表面上に見える形・色・内部組織緻密度の違いに過ぎず、摂取時の効能・効果には大きな差はありません。

 

 

 

主な分類としては水参・白参・紅参の3つになりますが、その他にもあります。

 太極参 たいきょくじん(韓国語)

太極参は水参をよく洗った後、熱い水に一定時間浸して乾燥したものです。

白参と紅参の間くらいの人参だと言われています。

IMG_5330

水参を細かい尾だけを取り除いて75から90℃の熱水で20から25分間処理した後、乾燥して加工します。

表皮の色は淡黄か黄褐色で切断面は紅参のような淡褐色になります。

真空包装をすると、常温で10年までの保管が可能です。

太極参は紅参産業が韓国の専売産業だった当時、民間での製造販売を目的として作成されたもので、

現在もいくつかの民間企業で生産されていますがほとんど輸出用に生産されています。

効能・効果は紅参とほぼ似ていますが価格が安いです。

 黒参 こくじん(韓国語)

 水参を1度だけ、蒸して乾燥する紅参とは異なり、黒参は九回蒸して乾燥処理を繰り返します。

この方法を伝統布製法では九蒸九暴といいます。

この過程で、ある化学作用が発生して黒くなります。

紅参の特定のサポニンの有効成分が増加するが、熱によって消失される成分も相当なものです。

九回蒸して乾燥作業が必要なのでその単価はかなり高くなります。

IMG_5328

九蒸九暴黒参は消化吸収が速い

九蒸九暴黒参は製造過程で人参組織中の澱粉粒子がゾル(※注1)からゲル(※注2)に移行されます。
長期保管しても内容と成分には変化がありません。
九蒸九暴黒参は九蒸九暴の蒸熟と自然乾燥を通じた黒参製造過程を経る間、各種酵素が不活性化がされて自己消化作用が起こらない品質で安全性に優れ、長期間保存しても内容成分には変化がありません。

 

 

そのほかにも加工の工程で見た目による名前がついています。

以下に乾燥による名前と、形による名前を紹介します。

乾参 乾燥による区別

それ以外にも乾燥の方法や形によってさまざまな名前に分けます。

直参  皮をむかないで曲がるように折らずにまっすぐに乾燥したもの

曲参  皮をむかないで太い尾を曲げて乾燥したものを(曲参)といいますが、

半曲参 曲がった有形によって(半曲参)と言う種類もあります。

尾蔘  高麗人参のひげ根を取って干したをのは(尾蔘)といいます。

形による区別

形による別名も説明調べてみましょう。

童子参 人の体に似ている高麗人参の中で赤ちゃんの姿をした形

陰陽麻 男女生殖器に似た形

昔から高麗人参を選ぶときはこの2つの形を優先にされています。

また、

鳳凰参 鳳凰が飛んでいく姿を

竜参  竜が虹に乗って空を飛ぶ形

亀参 カメの伏せた姿を帯びた「亀参」も長寿の妙薬とされている。

 

 

いかがでしょうか?

多くの種類に分けられる高麗人参はその名前の数くらい効果や効能も多いです!

 

注1 ゾル(Sol)
液体の中に物質がコロイド状に散在している状態)

注2 ゲル(Gel)
溶液から通常の分子やイオンよりも大きく直径が0.1nm~1nm程度微粒子が気体または液体中に凝集したり沈殿することなく分散された状態)

  • 韓国商品お取り寄せ

    高麗人参 正官庄 紅参の商品や、
    他の韓国商品をお取り寄せすることができます。

    正官庄 紅参の購入ついでや、単品でも承ります。
    まずはお問い合わせから、お気軽にどうぞ。

     

  • お支払いについて

    【クレジットカード決済】


    手数料無料でご利用いただけます。
    当ショップにクレジットカード番号を教えることなく安全・簡単に送金できます。
    対応するクレジットカードは「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」です。

    PaypalのIDをお持ちの場合はPaypal決済もできます。

     

    【銀行振込・郵便振替】

    商品代金は前払いとなります。ご注文後5日以内にお振り込みください。
    (5日を過ぎますとキャンセル扱いになります。)
    ご入金確認後商品発送手配をさせていただきます。

     

    恐れ入りますが振込手数料はお客様ご負担でお願い致します。

     

    ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行にお振り込み可能です。



     

     

  • 配送方法・送料について

     詳しくはショッピングガイド 配送方法こちらを御覧ください。

     

    【送料無料】

    ●韓国・ソウルよりEMSで発送します。
     EMSは日本では郵便局が配達します。
     郵便局員がご自宅にお届けしますのでお受け取りください。
     EMSはスピード配送・保険がありますので安心してお届けできます。

     

    【お届けについて】

    当店では、韓国・ソウルより直接お客様の住所にお届けします。

     

    【配送タイミング】

    ※銀行振込
    ※クレジットカード

     

     決済確認から2から5営業日で韓国・ソウルから発送します。
     発送後、2から7日ほどでお手元に届きます。

     

  • プライバシーポリシー

    お客様の個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス等)を、当社からのお知らせ・受注・発送以外の目的に使用することは、一切ございません。

     

  • 関税について

    海外から直接お客様にお届けするために、
    まれに関税がかかる場合があります。
    高額商品の場合は特に対象となる場合があります。
    関税はお客様ご負担とさせていただきます。
    申し訳ございませんが予めご了承くださいませ。

  • 返品・交換について

    【不良品の交換について】

    商品到着後5日以内にメールにてご連絡くださいませ。

     

    【返品について】

    開封後の返品・お客様の事情による返品は受け付けておりません。
    お客様の事情による返品以外はご相談くださいませ。

     

  • 営業日カレンダー営業日カレンダー
    • 今月(2017年11月)
            1 2 3 4
      5 6 7 8 9 10 11
      12 13 14 15 16 17 18
      19 20 21 22 23 24 25
      26 27 28 29 30    
      翌月(2017年12月)
                1 2
      3 4 5 6 7 8 9
      10 11 12 13 14 15 16
      17 18 19 20 21 22 23
      24 25 26 27 28 29 30
      31            
      (      発送業務休日)
  • 商品パッケージについて

    お届けする商品のパッケージや箱が商品ページの画像と異なる場合があります。
    商品そのものは代わりありませんのでご了承いただけると幸いです。

     

  • Top